敷金診断士試験解答速報!合格ライン、正解は?

みんなの解答速報掲示板

受験された方の感想(難易度、合格ライン予想など)をお待ちしています

試験ガイド
解答状況・試験の難易度・ボーダー予想など、お聞かせください

    お名前

    メッセージ本文(解答内容、難易度の感想、ボーダー予想など)

    フォームに入力されたら「確認」にチェックを入れて、送信ボタンを押してください。

    確認

    このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleのプライバシーポリシー利用規約が適用されます。

    利用規約はこちら

    頂いたコメント・受験後の感想

    試験まとめ!合格ラインや合格発表日など

    試験日 例年2月および7月。第22回試験は平成30年7月8日(日)の実施予定。

    試験地 札幌・仙台・東京・大阪・福岡(第22回試験)

    試験科目
    【法令系科目】
    民法、借地借家法、消費者契約法、区分所有法、宅建業法、品確法、民事訴訟法、標準賃貸契約書、その他建物賃貸に関わる法令及び判例
    【建築系科目】
    建築物の構造及び概要、建築物に使用されている主な材料の概要、建築物の部位の名称等、建築設備の概要、建築物の維持保全に関する知識及びその関係法令、建築物の劣化、修繕工事の内容及びその実施の手続きに関する事項

    合格ライン(合格基準) 約70%の正解率(試験実施団体の発表による)

    合格率 約60~70%(試験実施団体の発表による)

    合格発表日 平成30年7月31日(第22回試験の場合)

    過去問 公式サイトにはありません

    このほか試験の実施要項については、試験を実施する日本住宅性能検査協会で御確認ください。

    試験実施案内 - 敷金診断士

    おすすめの関連資格

    宅地建物取引士(宅建)

    不動産系資格の人気資格。難易度も高くなく、短期合格や一発合格も目指せます。敷金診断士試験の出題科目(民法、借地借家法、区分所有法、宅建業法、品確法)も宅建試験の出題範囲です。宅建試験の詳細はこちら

    行政書士

     法律系の入門資格が行政書士です。こちらも敷金診断士試験と出題科目が一部重複します。民事法務の専門家、また司法試験予備試験や司法書士試験へのステップアップも。行政書士試験の詳細はこちら

    おすすめ書籍(テキスト・参考書・過去問題集・予想模試・一問一答・学習漫画など)

    書籍を利用して試験の合格を目指すなら、「自分に合った教材」「教材は絞り込む(いろいろ手を出さない)」「徹底して繰り返す」の3点が重要です。 アマゾンでおすすめ書籍をチェック→

    まとめ

     ここまで敷金診断士試験の解答速報および関連情報についてまとめてきました。敷金診断士試験は年2回の実施です。ぜひ合格を目指して頑張ってください。

    タイトルとURLをコピーしました